VIOは脱毛専門のサロン、クリニックで処理しましょう

エタラビ

 

VIOラインとは、デリケートゾーンと呼ばれている陰部のことを表しているのですがVIOの無駄毛を処理するための良い方法はないだろうかと悩んでしまっている方も多いのではないでしょうか。

 

Vラインとは、ビキニラインのこと、Iラインとは、陰部の両側部分のこと、Oラインとは、肛門の周辺部分のことを言います。

 

VIOラインというのは、メラニンがとても活性化している部分なのですが皮膚はとても薄い部分です。

 

皮膚がとても薄いことで肌トラブルを引き起こしやすい部分なので黒ずみと呼ばれている色素沈着が引き起こりやすく、黒ずみで悩んでいる方も多くいます。

 

肌がとても薄く色素沈着が引き起こりやすい部分であるからこそ、肌に優しい無駄毛を処理する方法を行わなくてはなりません。

 

肌への刺激や負担、ダメージの少ない無駄毛の処理方法を選ぶと良いのではないでしょうか。

 

一般的にみなさんが行っている無駄毛の処理方法にはカミソリ、毛抜き、除毛クリーム、除毛ワックス、電気シェーバー、家庭用脱毛器などのアイテムを使用した方法がありますがカミソリで剃ると黒ずみの原因になってしまったり、毛抜きはとても痛いですし肌にも毛穴にも大きな負担がかかってしまいます。

 

除毛ワックスや除毛クリームは、薬品を使うためデリケートゾーンには好ましくありません。

 

肌に優しい方法でデリケートなVIOラインの無駄毛を処理したいのであれば、もっと確実に処理できる方法があります。

 

脱毛を専門としている脱毛エステサロンでの脱毛施術を受けるということです。

 

脱毛サロンでは、フラッシュ脱毛(光脱毛)という脱毛施術が行われているのですがフラッシュ脱毛はとても肌に優しく痛みが少ない脱毛施術方法だとして人気です。

 

フラッシュ脱毛は、肌にインテンス・パルス・ライトという光を照射して脱毛を行うのですがこの光は、無駄毛の毛根に含まれているメラニン色素に働きかけます。

 

毛根を破壊することで無駄毛を根本からしっかりと脱毛処理することができるのです。

 

カミソリや電気シェーバーなどで無駄毛を自己処理することはとてお手軽で簡単なのですが黒ずみの原因となってしまったり、数日も経てばまた毛が伸びてきますからチクチクとして不快ですよね。

 

陰部を脱毛エステサロンで他人に処理してもらうことは恥ずかしさがあると思いますがしっかり通えば無駄毛の悩みからも開放されますし、自己処理をする必要もなくなるのでとって楽で経済的です。

 

濃くて太い無駄毛が多いVIOラインですがフラッシュ脱毛は永久脱毛ではありませんが、ほとんど無駄毛が目立たなくなるくらいまで処理することができます。

 

脱毛施術を繰り返し行うことで毛母細胞や毛乳頭や毛根をしっかりと破壊し無駄毛が生えてこない状態にするということが、脱毛エステサロンで行われているフラッシュ脱毛(光脱毛)という脱毛施術方法の魅力です。

関連ページ

自己処理派?脱毛サロン派?
最近は、低価格で脱毛サロンに通えるようになり、ムダ毛を自己処理する人も減ってきました。それでもまだまだ自己処理をしているという人もたくさんいます。あなたは自己処理派でしょうか?それとも脱毛サロン派でしょうか?
ムダ毛をカミソリで剃ったり毛抜きで抜くと濃くなるの?
ムダ毛を簡単に処理する方法として、万人が行うのはカミソリで剃ったり、毛抜きで抜くことでしょう。でもそうすることで毛が濃くなるという噂も耳にしませんか?果たして実際のところどうなのでしょうか?
脱毛サロンにはいつから通うべき?
脱毛を始める時期はいつからがベストということはありませんが、一般的にムダ毛が気にならない程度になるまでに最低でも6回の施術を受ける必要がありそうです。通常6回の施術を完了させるには毛周期の関係上1年半くらいかかりますから逆算して通うとよいでしょう。
脱毛後の生活で気をつけること
脱毛した後の生活で気をつけるべき点についてこちらにまとめました。せっかくお手入れしてもその後日焼けしてしまったり乾燥しては効果も減少してしまいます。

エタラビ