エタラビを解約しようか迷っている時はどうする?

エタラビで脱毛の申し込みをしたものの、やっぱり解約をしようと思ったら、解約方法はどうしたらいいのか、気になるところとなるでしょう。
エタラビでの解約方法は、専用のコールセンターに電話をして、解約をしたいということを伝えれば大丈夫です。

 

迷った時には通い方やムダ毛の減り具合、トータル的に一旦考えてみて、それでも解約を希望するならば、電話をコールセンターにかけて、契約解約の旨を伝えましょう。

 

コールセンターのスタッフがその希望を受けて、その電話のあとで後日、サロンの脱毛解約に必要な書類が自宅へと送られてきます。

 

解約方法はその必要書類に目を通して、必要項目をすべて記入して書類を返送すれば、それで脱毛の解約ですることは完了です。

 

エタラビのデメリットにもなりますが、途中で契約を解約しても、返金はほとんどないということでしょう。

 

解約方法の解約手続きは難しくはないですし、無理に引き止められることはないですが、返金という面ではそんなに期待ができません。
エタラビの脱毛サロンの月額制プランは、便利に利用できると思われがちですが、月額制というよりも正直なところは分割払いです。

 

そして最低でも契約期間が1年以上という決まりがありますから、月に9,500円で契約月数分の費用を、契約をした初めに支払います。
これが分割の支払いで、月に9,500円の支払いでいいという意味なので、実質的に考えてみたら月額というよりも、普通にローンの分割払いです。

 

途中での解約は 契約金額の総額から消化分を引いた金額であり、消化分の金額が定価1回あたり53,333円相当で計算されます。

 

たった1回でもサロンで脱毛をしたら、返ってくるお金は6万円くらいです。そして2回分の脱毛施術を受けている場合であれば、返金される費用はなんと、1万円も返ってはこないことになります。

 

多くの脱毛サロンでは途中で脱毛をやめたとしても、解約の時に大半の費用は戻ってきます。

 

でもエタラビの場合は、途中解約時をしてしまうと、お金はほとんど戻ってきませんので、生きない高額な脱毛コースを契約するのはリスクが高いです。

エタラビ解約時に必要な書類とは

エタラビ解約時に必要な書類と解約方法については、コールセンターに電話をするスタイルですから、そんなに困難ではありません。

 

エタラビは高品質な全身脱毛で、今では多くの女性に知られることとなった脱毛サロンです。

 

脱毛費用は月額制の支払いシステムを使っていますので、回数や期間にだけ囚われたりはしないで、安心して脱毛できるのも評判の良さの一つでしょう。

 

エタラビの脱毛契約を解除したいと思ったら、コールセンターで解約手続きをすることになります。

 

ですからエタラビの解約は、用意されているコールセンターに電話すれば、それで解約に必要な流れをすすめてもらうことができます。

 

電話してスタッフと話をしたら、解約のために必要な書面が家へ届きます。

 

認印でいいので印鑑が必要なのと、返金用のための口座も必要となります。

 

銀行の通帳があれば、書類を記載するにもそれで大丈夫です。

 

もしもクレジットカードで費用を支払っている人は、クレジットカード情報を必要とすることもあるので、カードも手元に用意をしましょう。

 

解約の条件ですが、特に条件はないですから、本人が契約解消をしたいと思った時がタイミングになります。

 

違約金は発生するかを、気にしてしまう人もいるでしょう。

 

でもエタラビでは違約金のシステムはありませんから、解約をする時にも違約金を心配することがありません。

 

ただ違約金ではないですが、解約のための手数料の発生はあります。

 

返金する金額の10%の数字であり、上限は決まっていて2万円です。

 

返金が5万円であれば、解約手数料は5千円が指し聞かれます。この場合は返金で銀行へ振込される金額は、4万5千円ということになります。

 

月額制をメインに採用しているサロンですが、ほかにもセットコースもあります。

 

月額の費用は返金にはならないですが、セットコースは後どれほど残っているかで返金があります。

 

10回の5万円のコース契約で残り5回であれば、返金の対象は5回分ということになります。

 


エタラビ