開始時期はいつがいい?

エタラビ

 

エタラビを始めるなら20代がベストです。

 

昔の脱毛サロンといえば、開始時期は30代が一般的だったものです。料金が高いので経済的に余裕のある方でないと利用できなかったのです。

 

現在は利用者の低年齢化が進んでおり、20代から開始する方が増えています。サロンによっては10代から始める方もいますが、目安としては20歳からでいいでしょう。

 

いつから脱毛をしようか迷っている方は、就職して給料をもらってからでいいです。

 

エタラビの全身脱毛は月額9,500円なので、この金額を毎月支払える程度の経済力があれば大丈夫です。

 

脱毛処理は集中的に受けたほうが効果的なので、金銭的に余裕がないのに無理をして通う必要はありません。金銭的に余裕のある方は、なるべく開始時期は早いほうがいいでしょう。

 

遅くするデメリットはあっても、メリットはひとつもありません。

 

5年、10年と開始時期を先延ばしすると、その期間中にも肌は老化して衰えていきます。昔はプルプルした弾力性のあるお肌だったのに、最近はカサカサと乾燥するという方も多いでしょう。

 

乾燥してしまうと刺激に対して弱くなり、ニキビや湿疹などが発生しやすくなります。

 

最近肌トラブルが増えたと感じたら、防御力が低下している可能性があります。

 

この状態で自己処理をしてしまうと、確実にお肌に悪いのです。もともと自己処理はお肌に悪いのですが、若いころはダメージが表面化しません。

 

それが30代、40代と年齢を重ねることでバリア機能が衰え、自己処理後に肌荒れが生じるようになるのです。ムダ毛の処理は生涯にわたって続けていく必要があり、お肌が弱くなってもそれは変わりません。

 

だからこそ、エタラビでムダ毛処理をするなら、なるべく早いほうがいいのです。

 

早くから開始すれば、脱毛が完了する時期も早くなります。まだお肌が元気なうちに脱毛完了をしておけば、美しい肌を長く維持することができます。

 

将来の美肌のためにも、経済的に余裕ができたらすぐに処理をしましょう。

いつからエタラビに通いだす人が多い?

エタラビで脱毛処理を受ける方は年間を通していますが、特に多くなるのは夏の終わりからです。

 

紫外線が減少する季節になると、日焼けしたお肌のダメージも回復してきます。自己処理をしている方なら、日焼け後にムダ毛処理をするとお肌が荒れやすいと実感しているでしょう。

 

日焼け後はメラニン色素が産生され、肌が黒ずみやすいのです。黒ずんだ肌は色素沈着を起こしやすく、肌質を変えてしまう可能性があります。

 

夏場にムダ毛処理をすることはお肌に悪いと、ほとんどの方は体験として知っています。紫外線量を時期別に見てみると、多くなるのは5〜8月あたりです。

 

特に真夏と言われる7〜8月は照射量が多く、ムダ毛処理をするには適していません。肌が丈夫ならば問題ないでしょうが、敏感肌や乾燥肌の方は避けたほうがいいかもしれません。

 

いずれにせよ、サロン側とよく相談をして処理できるか確認しておきましょう。

 

夏と比べて春と秋は紫外線量が減少します。

 

春と秋では秋のほうが脱毛をする時期としては適しています。夏が終わって紫外線量が減少し、次の夏までの期間が長いからです。
春から処理を始めると、あっという間に夏になってしまうでしょう。

 

紫外線量が最も少なくなるのは冬で、11〜2月あたりは相当に少なくなります。

 

冬場から処理を始めるのもOKですが、夏までにムダ毛を目立たなくするなら秋から通いだすのがベストでしょう。

 

エタラビを利用する方も、夏の終わりから通いだす人が増え始めてきます。ムダ毛処理をする前には、必ずカウンセリングを受ける必要があります。

 

季節により向き・不向きはありますが、それ以外にも肌状態が大きく関係してきます。ボロボロになった状態は避けたほうがよいので、エタラビの利用を考えている方は自宅でのスキンケアをしっかりと行い、お肌をプルプル状態にしておきましょう。

 

保湿された状態はバリア機能が高く、ムダ毛処理をするのに最適なのです。

 

エタラビのカウンセリングは、WEBサイトから予約できるので便利です。


エタラビ